【年始 広島→大阪】青春18きっぷを使用した心配性中年のレポート

広告

実家の帰省も無事終えて、残り3日分の青春18きっぷを使い切るべく、帰京の途につきました。東京→広島は、頑張れば1日で帰れる道筋ですが、帰京はせっかくなんで3日がかりで帰ります。そのため、かなりのんびりしたコースになります。それでも、1/3という帰省ラッシュ真っ只中のおかげで想定通りに行かなかったこともあ多数ありました

東京→広島への道

ちなみに、東京→広島への帰省を2018年12月29日から30日にかけて行いましたが、そちらも記事にしています。よかったら是非読んでみてください

結論的教訓

1/3という日程のせいかかなりの混雑あり。少し余裕をもって移動したのは、正解でした

  • 時刻表だけで組まない方が良い。かならず直前にジョルダン・青春18きっぷサイト等で確認をすること
  • 今回の行程表だと乗り換えに全く余裕がない。姫路までは我慢
  • 姫路までたどり着けば、後続の選択肢は増える。姫路で休憩を入れることを最初から想定すべき
  • 相生乗換は、下り同様に鬼門。可能であれば、相生の乗換えは予め余裕を見込んでおいたほうがよいかも

広島→大阪までの乗り継ぎルート

基本は、京都→広島のルートの逆ルートです
実は、元々予定していた広島出発時間より30分以上前倒しました
当初当てにしていた(時刻表に乗っていた)電車の行き先が変わっており、接続が悪くなってしまっていたためです
直前確認重要

出発駅 出発時刻 到着駅 到着時刻 乗換時間
広島 12:06 糸崎 13:38 2
糸崎 13:40 相生 16:16(※) 2
相生 16:18(※) 大阪姫路(※※) 17:4316:39(**) 17
姫路 13:56 大阪 17:58

※特急の遅れの待ち合わせのために5分ほど遅れました。後続の電車は待っていてくれましたが、かなりの混雑
※※本来は、待っていれば大阪まで直通でいける電車でしたが、相生→姫路間が座れなかったため、姫路で始発電車に乗り換えることに…

広島12:06発→糸崎

12:03くらいに5番ホームに電車が入ってきます。始発ではないのでそれなりに乗客はいますが、降車客も多いので、列の先頭あたりで待っておければ座れます。3両編成。クロスシート。トイレは最後尾の車両にあります

広島では、実家からの移動時間を考え、午後の早い時間に移動を開始しました。座席数が少ないため、立っている人も多いです。

電車は例によってRedWingが登場!!

少し早めにホームに入っていたことで、なんとか座席の確保はできました

途中の三原駅で結構長め(8分間)の停車時間があります

乗り換え時間が短いルートなので、乗車前に飲み物などを確保できていない場合、この停車時間を有効活用するのは手だったかもしれません

僕は、コーヒーが欲しかったのですがが、このタイミングを見逃してしまいました

糸崎13:40発→相生

糸崎の到着ホームの反対側に既に出発電車が待機しています。乗り換え時間は非常に短いです。今回の行程中で最も長い移動距離なので、座れないときついです。但し、岡山でかなり乗降客がありそこまで我慢できれば、座れるかもしれません。3両編成で、トイレはやはり最後尾車両にひとつだけあります

乗り換え時間は短いわりに、ホーム反対側に待っていた電車は人があまり乗っておらず、席の確保は容易でした

実は、缶コーヒーをホームの自動販売機で買おうと考えていたのですが、ホームの自販機がICOCAに対応しておらず受け付けるのは、小銭のみ。短い時間で、お金を入れておつりを受け取って..という余裕がなくコーヒーを諦めました

2時間以上座って移動できたため、この時間はとても快適でした(ボックス席の窓際に座りました)

amazon primeでダウンロードしておいた映画が一本見れるくらいの時間があります

ただし、どんどん乗り込んでくる客が多く、相生駅に到着する直前はかなり混雑をしていました

相生駅で乗り換え時間が短く、少し早めの駅で立って出口近くで陣取ろうと思ってみたのですが、それが出来ないくらい車内は混雑しいました

またしても、相生駅への到着が遅れ、接続電車が待っているという状態。逆向き移動の際も相生駅から座れなかったということもあり、やきもきしながら相生駅に到着しました

相生16:23(予定は16:18)→大阪姫路

この電車は、時期によるかもしれないが、相生に到着して乗り込むときには既に満員状態のような電車で座ることは最初から諦めるべき。姫路などでも降車客は少なく、ラッキーにも座れない限り、大阪までの電車と考えずおとなしく姫路乗換で考えたほうが良いです

この相生駅での待ち合わせ電車は、一気に大阪まで行ってくれる電車です。そのため、なんとしても座りたいと思っていました

相生駅到着前の駅(宇根駅)で、一度席から立ち、出口に移動しておこうかとも思ったのですが、どちらのドアが開くのかがわからなかったことと、かなり車内が混雑していたことから、その目論見をあきらめました(ちなみに、進行方向に向かって右側のドアが開きます)

ただ、もしそのような準備をしていても、この電車では座れなかったと思います

我々の電車がホームに入って、待ち構えている電車を見たときには既にかなり乗客が立っている状態で、空いている席は皆無でした

もしも、準備万端整えて、電車の入り口に立ってダッシュの体勢を整えていたとしても、相生発の電車には座れなかったと思います(1/3というピーク時期ということもあるとおもいますが)

逆に、このタイミングは早々に座れる見込みがないと諦めたため、駅のホームでコーヒーを購入できました

ここでは、ICOCAが使えました!

立ったものの、姫路までは24分であり、姫路で降りる客がいれば、代わりに座って大阪までいけるかなぁと思いながら立っていました

結論として、姫路では降りる客が非常に少なく、座席確保の見込みが立たなかったので、自分が降りて別の電車に乗るという判断をしました

姫路16:56発→大阪

姫路駅は、大阪・米原方面行の快速、鈍行の電車は多数始発便があるため、座席の確保は容易。そもそも相生方面からの電車と接続する電車でなければ、かなり空いた状態で座席確保ができる

結局、ここで電車を降りて別便に乗り換える判断をしたのは正解でした。

この駅で、トイレ休憩をとり、少し駅構内のコンビニを見てあるき(何も買いませんでしたが)、ホームに戻ったときには、16:56発の快速がホームに入っていました

時刻表を見ると、相生方面から来る別の電車と接続していない電車です

そのせいか、かなり空いておりボックスシートを専有できるくらい空いていました(後ほど埋まりましたが)

大阪駅到着

予想より15分くらい遅くなりましたが、無事大阪に到着しました

以上 広島→大阪に1/3という帰京ラッシュ時に移動したレポートでした

ちなみに、それなりに忙しい乗換だったことからのんびり移動のつもりがほとんど写真が取れていませんでした

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です