[劇評]遊気舎「人間風車」@紀伊国屋ホール(新宿)

広告

恐怖ものとしては、非常に良くできている。

ストーリー展開も、童話作家を主人公にしたその配役の妙もある。

童話作家と恐怖ものって確かに最もかけ離れたものだから。
目的意識のはっきりした脚本の勝利といえる。

劇団 遊気舎
題名 人間風車
公演期間
後藤ひろひと 演出 後藤ひろひと
出演 山本忠、楠見薫、三上市朗、久保田浩、西田政彦、谷省吾、うべん
劇場 紀伊国屋ホール(新宿)
観劇日 1997年12月6日

童話作家役(三上市朗)は、非常にうまい。遊気舎のメンバーにいないタイプの役者で、普通の役者。それでいて、一人芝居的に童話を子供達に語るシーンではそのうまさ故に見事に客席を惹きつける

 

 

2000年PARCOプロデュース版

[劇評]PARCOプロデュース「人間風車」@PARCO劇場

広告

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です