[劇評]SET「パジャマ・ワーカーズ On Line」2回目

広告

バスケットの試合で、変わるもう一つのストーリーが気になって、再度足を運んだが、結果は前回見たときと変わらず、公演が進んだせいか掛け合いなどの間もしっくりと来るものになっていた一方で、やはりストーリーに無理がある印象は否めない。

劇団 スーパー・エキセントリック・シアター
題名 パジャマ・ワーカーズ On Line
公演期間 2001/10/06-2001/11/23
吉村達也 演出 三宅裕司
出演 三宅裕司、小倉久寛、野添義弘、山崎大輔、永田耕一、八木橋修、 宮内大、丸山優子、白土直子、尾口衿子、 加瀬竜彦、
劇場 東京芸術劇場中ホール(池袋)
観劇日 2001年10月21日(マチネ)

<<ストーリー>>

学習参考書出版社の勉強堂は、少子化のあおりを食らって業績は伸び悩み。コンピュータメーカーから来たデジタルメディア編集の部長の大胆なリストラ策と在宅勤務者(パジャマワーカーズ)の採用を巡って、学習参考書編集部とデジタルメディア編集部対抗で社長の好きなバスケットボールで決着をつけることになり….

<<感想>>

負傷者続出、前回と若手社員が入れ替わっているし、八木橋さんも今日は杖をついていた。大阪公演まで考えたら、みなさんが無事公演を終了できることを祈るばかり

前回、見たときに後半に不満があったので、バスケットボールの試合で、パジャマワーカーが勝ったらどうなるのかと思い見に行ったが、またしてもオフィスワーカーが勝ってしまい、芝居の続きが見れずしまい。うーーん気になる。

掛け合いやギャグは進化していて、前回の公演より見やすくなっているのは認めるし、さんざ笑わされたという意味ではよくなっているのだけど、やはり傑作とは言いがたい。脚本が悪すぎる(脚本家の腕というより、企画が難しすぎたのだと思うが)ように思う。もうしょうがないけど。

後、初日と変わらずとちりとセリフがどっかにとんじゃうことがあるのは、個性と言えなくもないがもう少し何とかして欲しいと思ってしまう。三宅さんや小倉さんを見に来たという客ではなく、芝居を見に来た客からいわせると、ちょっとつらい(少しだったらご愛嬌なんだけど、ご愛嬌で許される限界に近いんじゃないかなぁ)と思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です