[劇評]ラサール石井P「らさある亭」@本多劇場

広告

4団体のコント合戦という形式が異色の今回のらさある亭出演者数も毛色も違うグループの競演は面白かった。今まで見た事のない団体を単発でも見てみたいと感じたことが最大の収穫。

劇団 ラサール石井プロデュース
題名 らさある亭
公演期間 2007/09/29-2007/09/29
出演 パンタロン同盟、あほんだらすけ、表現・さわやか、タイツマンズ
劇場 本多劇場(下北沢)
観劇日 2007年9月29日(マチネ)

本多劇場にて別公演の最中になぜか土曜日昼15時公演。主演春風亭昇太の笑点出演が関係あるのではないかと勘ぐっていたら前説でラサールさんがあっさり笑点収録の為昇太さんのスケジュールにあわせたと暴露。ぴたりと勘があたって思わず小さくガッツポーズをしてしまった。しかし、遅れてくる昇太さんをキャストとして数えているのはすごい。このあと本番(いやこの舞台も本番だが)の「きっと長い手紙」の夜公演もあるわけだから昇太さんは朝から3種類の本番を迎えたことになる。さぞかし疲れたことだろう。

コントの方は、パンタロン同盟のというか清水宏の独壇場の謎のスポーツ生中継からスタート。隣に座っているラサールさんは多分台本もなにもなくぶっつけ本番。解説者ということになっているがほとんど解説することもできず、途中からは笑いをこらえるのにくろうしているような感じだった

猫のホテルの劇団内グループ表現・さわやかは不思議な笑いで今までに見たことのないタイプの笑いだったがそうとう楽しかった。山崎春のパンまつりがこんなに笑えるネタに変貌するとは夢にもおもわなかった。代表(?なのかな)の池田鉄洋さんが本多は広くてスカーッと何かが抜けてくようだと言っていたが結構客の心はつかんでるように思えた。

次のあほんだらすけは短いタクシー運転手ネタ。そんなのいねえよと思いつつ笑いころげました。完成度の高いコントだと思いました

パンタロン同盟全員揃ってのコントは単身赴任で田舎町に来た悲しい父とその部下が繰り出す引っ越し後の話。面白悲しいけど練習不足っぽさがちょっとみえたかも

最後はタイツマンズのコント

おおとりに相応しいスピードとアクションの融合した話でした。想像ではもっとシュールなものをイメージしてましたがおもったより正統派のアクションコメディでした。単体でみにいってもいいかも。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です