[劇評]株式会社メッセージ「GIFT」@俳優座劇場

広告

出演者に知り合いがいてというベタな理由で見に行ったのですが、不覚にも途中で泣きました。

劇団 株式会社メッセージ
題名 GIFT
公演期間 2006/12/19-2006/12/25
篠原久美子 演出 ナガノユキノ
出演 大岸田敏志、シルビア・グラブ、山川恵里佳、イジリー岡田、別所ユージ、ANZA、林 希、剣持直明、青沼神対馬、小田マナブ、石橋祐輔、西原 純、KAZZ、明樹由佳、水野里香
劇場 俳優座劇場(六本木)
観劇日 2006年12月22日(ソワレ)

【ストーリー】

今日もまた、サンタクロースが消えてゆく。
サンタは、世界のどこかで大人が子共の夢を守ろうとしたときに生まれ、子供の夢を潰したときに消えてしまう存在。
夢を持てない若者が溢れる大都会東京、サンタの絶滅の危機にプレゼント配りのアシスタントとして、忍者によって3人の夢と希望に溢れるフリーターがリクルートされる。
クリスマス・イブの夜のアドベンチャー!
果たして、彼らは子供達の「ギフト」を守ることが出来るのか?…HPより

 

【感想】

出演者も何もまったくチェックせずに当日券をいきなり買って入ったのですが、補助席とはいえよい席で見ることができました。シルビア・グラブさんとか、山川絵里香さんとか、イジリー・岡田さんとか、テレビや他の舞台で見たことがある人がいっぱい出ていて逆にびっくりしておりました。

 

ストーリは少し綺麗過ぎるというか、毒がないのがちょっと物足りないとは思ったのですが、泣きの勘所をつかんでいるというか、すごく重いものや考えさせるものを突きつけない代わりに手軽に笑えて、そしてちょっと泣けるというある意味理想的なミュージカル作品に仕上がっていたと思います。また、やってたら見に行きたい舞台です。(子供を使うのはある意味とっても卑怯だとおもいますが….確かに泣けます)

 

シルビア・グラブさん…ShoesOn!でお見かけして以来の舞台姿。段違いの歌のうまさと貫禄ある美しさははある意味浮いてました。

 

山川さん…最近テレビでみないなとおもっていましたが、実物を見るとやっぱかわいいです。 イジリー岡田さん….こういう仕事もするのねと少し意外でした。ちょっとベタなギャグシーンは正直いただけませんでしたが。

 

あとちょっと、チケット代が安ければ….大お勧めなのですが、7000円(補助席だったので6500円でしたが)はやはり最近見た舞台の値段の中では高い方です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です