ピーターパンと劇団四季にこてんぱんにされる小劇場

広告

て、勿論、ドラマの話です。NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」面白くて毎日見てます。(録画なので、ちょくちょく遅れますが。)商品試験の公開試験編(「常子、小さな幸せを大事にする」)が今週のクライマックスでした。

■小劇場俳優陣が勢揃いの家電メーカー技術者陣

公開試験に参加する日本の家電メーカーの顔ぶれを見て、吹き出してしまいました。舞台で見知った役者さんそう揃いでったのです。

近江谷太朗さん(元キャラメルボックス)、森下亮さん(クロムモリブデン)、中嶋ベンさん(劇団だるま座)、まいど豊さん東京ヴォードヴィルショー)。前々から出ていたアカバネ電気の技術者役の野間口徹さん(親族代表)や、社長の古田新太さん劇団☆新感線)も加えると、さながら小劇場俳優陣VSピーターパン(高畑充希さんは、ホリプロの8代目ピーターパンを6年出演)といった様子。

小劇場派の僕としても、思わず(ドラマの筋書きはともかく)、家電メーカー頑張れとおもってしまいました。

■吠える古田新太さん

登場初回から、ドラマのラストシーンを飾り続けた古田さんも、今回は悪役に徹してました。今週の商品試験のさなかに、独特の経営理論を振りかざして、高畑充希さんや唐沢寿明さんにくってかかるさまは、劇団☆新感線の舞台でみせる凄みが垣間見えた気がしました。

 

■仲裁する元劇団四季の石丸幹二さん

今回も、悪役なのかと思っていた新聞記者役の石丸幹二さんは、最後はなんか仲裁役としていいところを持っていった印象でした。

ドラマもそろそろ佳境に入り、色々事件がこれからも起こりそうで目が離せない展開ですが、今週は小劇場ファンとしては別の意味で楽しい一週間でした。

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です