演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。

演劇賞

第29回池袋演劇祭 大賞はラビット番長!!

投稿日:2017/10/25 更新日:

ちょっと記事にするのが遅れてしまいましたが、今年の第29回池袋演劇祭の受賞作発表されました。大賞は、昨年優秀賞だったラビット番長が満を持しての受賞となりました。今年は、残念ながら審査員になれなかったため、結局どの作品も観ていないのですが、受賞作品についての記事します。

スポンサーリンク

広告

注目劇団が目白押しだった今回の池袋演劇祭

今年は、審査員の選から漏れてしまったため(涙)、9月は他の舞台見に行ったりしていて気付いたら一作品も見ませんでした。(ちょっと体調を崩したというのもあるのですが)

LINX’Sプロデュースさんや、やみ・あがりシアターさん、超人予備校さんなのど気になる劇団が目白押しで、ラインナップを見た時には、審査員でなくても絶対見に行こうと思っていたのですが...

大賞は、常連のラビット番長「成り果て」

昨年は、大賞作品に次ぐ優秀賞を「天召し-テンメシ-」で受賞したラビット番長が今年ついに大賞を受賞しました

名前を知っていたので、介護現場を題材にしたクラウドファンディングをされていたり、精力的な活動をされている劇団という印象があり、勢いのある劇団なのかもしれません

おめでとうございます!!

気になっていた劇団も受賞。意外な選外

LINX’Sプロデュース「メビウス」が舞台芸術振興会賞

上記で書いたLINX’Sプロデュースさんの「メビウス」は、演劇感想文リンクに参加いただいている石田1967(まさまさ)さんが立ち上げた演劇ユニットの作品です

正直、勝手に身内のように感じていてお芝居に興味を持っていた程度だったので、受賞するほどの実力があったとは意外でした(m(_ _)m))

やみ・あがりシアターも受賞

やみ・あがりシアターは、何度か主宰の笠原静花さんの演技を見て是非一度はみたいと思いながら結局うまくタイミングが合わぬまま今に至っている個人的には注目の劇団です。

今回は、ついに受賞

やはり、見に行かねばと心に決めました

劇団東俳が豊島区長賞

確か、昨年も参加されていた劇団東俳。子役の育成や芸能事務所を兼ねる1979年設立の老舗の劇団です

なんとなく、賞とは無縁な感じがしていましたが、今回は受賞に至っています。老舗劇団の受賞というのは、ちょっと意外ではありました

若手劇団登竜門的な賞かと思っていましたがこういう老舗劇団の受賞も、懐の深さを感じました

超人予備校が選外!

逆に大阪の劇団として、活躍を耳にしていた超人予備校が今回選外になっていたのは意外でした

実は、過去の傾向を見ていて関西からの上京組は、池袋演劇祭では強いと思い込んでいたという先入観もあったかもしれません。

とはいえ、LINX’Sプロデュースの受賞で関西からの上京組の強さは結局証明されていますが。

三浦大四郎特別賞?

今回は、昨年までになかった賞が新設されています。三浦大四郎特別賞というのもその一つ

正直、誰?だった方なのですが、ネットで調べてわかりました。

1997年の文芸坐閉館まで三角の名跡を継いだ三浦(大四郎)は、池袋の文化状況に影響を与える存在になっていた。映画興行界の衰退に伴い名画座経営も厳しい時代となり、1997年廃業することを決断する。同年、妻寛子が死去。心血を注いできた映画館と伴侶を相次いで失った。以降、経営の現場を離れてからも、日々映画や舞台と親しみ、広い交流を続けていた。
豊島区舞台芸術振興会会長として 「池袋演劇祭」の立ち上げを豊島区に働きかけるなどし、2016年まで実行委員長を勤めた。以上 Wikipediaより

池袋演劇祭の発案者であり、昨年までの実行委員長だったのですね。(審査員の集まりとかにも行ったのだけどその中にいらっしゃったのだろうか...)

今年の六月に残念ながらなくなられています。

名画座「文芸坐」経営、三浦大四郎氏が死去
  2017.6.22 19:32
 三浦大四郎氏(みうら・だいしろう=映画館「文芸坐」経営者)21日、心不全のため死去、89歳。通夜は27日午後7時、葬儀・告別式は28日午前11時、東京都新宿区下落合3の19の4、目白聖公会で。喪主は長女、千佳子(ちかこ)さんと次女、庸子(つねこ)さん。

池袋にあった劇場、文芸座の経営を40年にわたりされていたとのこと。併設されていた文芸座ルピリエでの舞台は若い頃手伝った、ことがあり思い出のある劇場です。

そんな三浦さんの名前を冠したこの賞は今回は、演劇企画ハッビー圏外さんが受賞されています

今年の受賞作品一覧

今年は、55劇団が参加、16会場で実施されたそうです。

大賞はラビット番長「成り果て」

シアターグリーンBOX in BOX THEATERにて2017年9月14日〜2017年9月18日に上演。

優秀賞はgreen flowers「かっぽれ!~FINAL~」

シアター風姿花伝にて2017年9月21日〜2017年9月24日に上演

優秀賞は劇団光希「笑顔。(スマイル)~さざんかの咲く頃に~」

シアターKASSAIにて2017年9月6日〜2017年9月10日に上演

豊島区長賞は、劇団東俳「微笑わぬ彼女」

てあとるらぼうにて2017年9月1日〜2017年9月3日に上演

舞台芸術振興会賞は、LINX’Sプロデュース「メビウス」

シアターグリーンBOX in BOX THEATERにて2017年9月29日〜2017年10月1日に上演

みらい館大明賞は、ガラ劇「人魚秘め」

萬劇場で、2017年9月6日〜2017年9月10日に上演

豊島区町会連合会会長賞は、BLACK JAM「Regulation’s High!~校庭の皇帝(エンペラー)~」

萬劇場で、2017年9月20日〜2017年9月24日に上演

豊島区観光協会賞は、やみ・あがりシアター「すずめのなみだだん!」

てあとるらぼうで、2017年9月6日〜2017年9月10日に上演

としまテレビ賞は、イマノカゲキ「かぞくのおかね」

てあとるらぼうで、2017年9月28日〜2017年10月1日に上演

三浦大四郎特別賞は演劇企画ハッピー圏外「ニコニコさんが泣いた日」

コフレリオ 新宿シアターで、2017年9月21日〜2017年9月25日に上演

結局、今年は一作品も観れなかった(涙)

9月の予定がぼっかり空いたので、いろんな舞台の予定とか、旅行とか行ってたら、結局池袋に、まったく足を向けないまま9月が過ぎていってしまいました。

補助券や上演作品の一覧、またメール等でもお知らせをいただいたのに本当に申し訳なく思います。

来年も審査員には応募するつもりですが、ダメでもちゃんと見に行こうと思います

以上 第29回池袋演劇祭 受賞作の紹介記事でした。

広告

広告

-演劇賞
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

宮沢りえさんは三冠目? -第39回菊田一夫演劇賞 発表

一般社団法人 映画演劇文化協会から第39回の菊田一夫演劇賞が発表されました。 大賞を受賞した東宝「レ・ミゼラブル」は、キャストも一新されて素晴らしいものになったと聞いています(観に行けなかった(泣)) …

[演劇賞]第24回読売演劇大賞 上半期ベスト5決定!

「第24回読売演劇大賞 上半期ベスト5が決まりました」 例年上半期に発表される第24回 読売演劇大賞 上半期ベスト5が決まりました。 優れた舞台作品や演劇人を顕彰して演劇界の発展を目指す第24回読売演 …

[演劇賞]えんぶチャート2015 作品編

例年、3月のえんげきぶっくで発表されるえんぶチャート。今年もえんぶチャートを買ったので、その一部を紹介します。 今回は、公演編です。(えんげきぶっくは随分前に買ったのですが、記事を書くのが遅くなりまし …

no image

九州戯曲賞発表。受賞者は、我が後輩。

かなりニュースから出遅れた感がありますが、九州戯曲賞が発表されました。 関連

no image

是非 日本で凱旋公演を! 多田淳之介さん韓国で東亜演劇賞を外国人として初受賞

キラリ☆ふじみ芸術監督の多田淳之介さんが韓国の演劇賞を受賞されました。韓国の方との共同制作。 日本での東京デスロックなどの公演は、独特の演出で話題でしたが、是非この受賞作も日本で見てみたいなと思います …

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930