[悲報・訃報]演出家の蜷川幸雄さん死去 80歳

広告

■半端ない衝撃

蜷川幸雄さんがなくなりました。ボクラ世代で芝居を見るようになった観客にとっては、半端ない衝撃です。

つかこうへいさんがなくなったとき以来の衝撃です。比較は難しいですが、本の残っているつかさんに比べ、蜷川さんの演出力の喪失はそれだけで、日本の演劇シーンの活力のダウンを招きかねないと思います。

演出家の蜷川幸雄さん死去 80歳 現代劇からシェークスピアまで多岐に

日本を代表する演出家の蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)さんが亡くなったことが12日、分かった。80歳。埼玉県川口市出身。
開成高校卒業後、1955年に劇団青俳に入団し、68年に劇団現代人劇場を創立。69年「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビュー。72年に演劇集団「櫻社」を結成。74年に同劇団を解散後、「ロミオとジュリエット」で商業演劇に進出した。
井上ひさし氏、清水邦夫(79)唐十郎(76)野田秀樹(60)らの現代劇から、シェークスピアやギリシャ悲劇など海外の古典・近代劇に至るまで多岐にわたる作品を演出した。83年「王女メディア」のギリシャ・ローマ公演を皮切りに、海外公演も多数。海外からも高く評価され「世界のニナガワ」と呼ばれた。
98年、彩の国さいたま芸術劇場の「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の芸術監督に就任。シェークスピア全戯曲37作品の上演に挑んだ。2006年には、同劇場で55歳以上の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」を創設した。
代表作は「身毒丸」「ムサシ」「海辺のカフカ」「NINAGAWA・マクベス」「ハムレット」など数知れず。

■直近の上演予定作品は、上演になるようです。

つい先日も、ビニールの城を楽しみに….と書いたばかりなのですが…
上演はされるようです。「蜷川幸雄さん“遺作”今月「尺には尺を」8月「ビニールの城」上演

 

■ハムレットの衝撃/夏の夜の夢の幻惑

初めて見たのは渡辺謙主演のハムレット。但し、映像作品。地方に住む僕ら演劇青年にとって唯一の中央演劇への窓、NHKの芸術劇場でした
敢えて坪内逍遥訳をテキストに使い、平安時代の日本に舞台を移す演出。仏壇型の舞台。フランスに留学したレアティーズのジーンズ姿、日本陸軍の軍服を着たフオーティンブラス…

何もかもが常識はずれでありながら、きちんと成立する舞台。演劇の可能性を若い自分に恐ろしく印象づけてくれた舞台でした(三十年近く前に見たテレビをこれほど覚えている自分にびっくりです)
直接舞台に触れたのは、夏の夜の夢でした。枯山水を思わせる幻想的舞台で舞うパック、白石加代子さんのタイターニア、幻惑されたその舞台の印象は今も忘れることはできません

 

■シェイクスピア、唐十郎、清水邦夫等の脚本を魅力的に斬新に演出する

アングラ演劇を商業化する力、古典を現代の観客に見せる力….他に代替できる人を僕はイメージすることができません
今日本人の多くが、シェイクスピアの良さを知ることができているのは、本場イギリスでさえ絶賛された彼の演出力によるものに他なりません
唐十郎さん寺山修司さんのアングラ劇に息を吹き込み、アイドル的人気のある実力派俳優を配役して、新たな作品を生み出した功績も忘れることができません
一方で当代の人気作家の作品を、作者本人との競作の形で別々の作品として上演。作者本人よりも印象的な作品にして見せる手法は魔術的でさえありました。野田秀樹さんケラリーノ・サンドロヴィッチさん前川知大さん…。
小説や漫画のヒット作も、彼の手にかかれば素晴らしい舞台に変貌します。(「海辺のカフカ」、「わたしを離さないで」、「ガラスの仮面」…)

 

■たくさんの俳優を輩出/育成した功績は計り知れない。

藤原竜也さん小栗旬さん吉田鋼太郎さん、彼がいなければ世に出なかった俳優も多数います。

ジャニーズの亀梨和也✖︎寺山修司松本潤✖︎寺山修司宮沢りえ✖︎唐十郎、森田剛✖︎唐十郎‥演劇の化学反応をこれほどまでに見せつける演出家は他に類を見ません
冗談抜きでジャニーズ事務所は、今後の若手のキャリア形成についての再考を求められるかもしれません。彼の演出力と育成なしに現在のジャニーズアイドルの舞台やドラマでの隆盛はなかったと思います

原作の持つ世界観に独特の感性を重ね合わせ、若いアイドルを俳優に変質させて、全く別の作品に育てる。演出家の力は無限です。

■時代の区切りを目の当たりにしました。

一つの時代が終わったなどという言い方はしたくありません。

でも、多くの演劇関係者にとって、時代の区切りはできたと思います。蜷川以前とこれからの蜷川以降という区切りが。

 

広告

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です