演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。

「 PARCO劇場 」 一覧

no image

PARCOプロデュース「国民の映画」@PARCO劇場

劇団 PARCOプロデュース 公演期間 2011/03/06~2011/04/03 演出 三谷幸喜 作 三谷幸喜 出演 小日向文世,段田安則,白井晃,石田ゆり子,シルビア・グラブ,新妻聖子,今井朋彦, …

[劇評]PARCOプロデュース「12人の優しい日本人」@PARCO劇場

いやぁぁぁ面白かった。 まさに、言葉のバトル。緊張と笑いの絶妙のバランス。再演とは思えない(当然書き換えているわけですが)配役の妙。 ストーリーは映画で知っているのに、最後までどきどきしてしまいました …

[劇評]PARCO「なにわバタフライ」@PARCO劇場

一人芝居の常識を覆した作品かもしれない。三谷さんがやるとこうなるのかと感じる。一人の女芸人の半生を描くと聞くともっとお涙頂戴的なつくりになるかと思ったが、笑いに満ちた舞台であった。 小道具使いも含めて …

[劇評]PARCO「ウーマン・イン・ブラック」@PARCO劇場

ゴシック調の美術の効果もさることながら、男二人の白熱する演技が、すごい。 演出も凝っており、芝居中何度と無く背筋に「ぞぞぞ」という悪寒が走る久々に見た恐怖ものの芝居で、まさに傑作であった。 劇団 PA …

[劇評]PARCO「謎の下宿人」@PARCO劇場

稲垣吾郎と小劇場界の俳優/制作陣の取り合わせがなんかアンバランス。しかしそこに何か絶妙の間があってうまく収まっている感じ。見る前は、稲垣吾郎さんとらっぱ屋な鈴木さんとの取り合わせに強い違和感を感じてい …

[劇評]PARCO「おかしな二人(女編)」@PARCO劇場

先日見た男編と驚く程セリフや設定が似ておりここまでも似せても男編の脚本が立派に女編で生きている事に驚く。微妙に違うセリフや設定が逆にニール・サイモンの思いを伝えているように感じた。 劇団 PARCOプ …

[劇評]PARCO「おかしなニ人(男編)」@PARCO劇場

  ニール・サイモンの傑作戯曲。古さ、海外ものの不自然さがほとんど感じられず役者のパワーに押されまくって大笑いした。演出及び超ハイテンションを最後まで持続させた役者陣にただただ感服。 劇団 …

[劇評]PARCO「彦馬がゆく」@PARCO劇場

時代劇、暗転の多様など、今までに見た三谷作品とは違う雰囲気の芝居。しかし、休憩を挟んで3時間半にいたる舞台は、テンポもよく、計算されつくされた物語で、見ていて時間を忘れた。 劇団 PARCOプロデュー …

[劇評]JAE「KAMIKAZE」@PARCO劇場

長い上に、これといった見所がなく、好印象を持ちにくい芝居。 一生懸命にやっているのは、伝わってくるがそれだけではなんともいいようがない。歴史的な事実に基づくからか、脚本の訴えてくるものがなにかこちらの …

[劇評]PARCO「BAD NEWS☆GOOD TIMING」@PARCO劇場

ラッキーにも二回目の観劇。 一度見ているので、笑いのポイントもわかっていて、落ち着いて見ていられた。但し、楽ということもあり、役者達のお遊び部分が増えており期待を裏切られる事は無かった。 劇団 PAR …

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930