さすがにそれは、本末転倒だろう!

広告

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2008/12/16/0900000000AJP20081216002700882.HTML

生計型犯罪の罰金刑軽減、政府が民生治安安定対策

韓国で、生活苦がもとで行われる犯罪について減刑すると言っています。

屋台を路上で引いたり、露天商をしたりという例があがっていますが、犯罪を限定せずにこのような法令がでてくるあたりの韓国の政治感覚は、さすがについていけません。

日本だったら、景気悪くなったら治安が悪くなるだろうからそれを予防するために取り締まりを強化して場合によっては罰則を厳しくしようっていうのが、日本人の感覚。

仮釈放者を増やしたとも書いてあるけど、この不況下に仮釈放されても生活の宛てなくて、再犯に走ることになるんじゃあるまいか?もしかして、受刑者を食わせていくお金もなくなったのか?とうがった予測をしてしまいます。

税金の論の時にも書いたけど、ここで犯罪に対しての罰金刑を軽減し、犯罪予備軍的な受刑者を受け入れする経済状況のなかに頬り出すというのは、政策的に犯罪者を増やし、社会不安を増させようと考えているように見えます。

そうすれば、おそらく観光を初めとする産業は沈下し、ますますそのような犯罪を犯す人が増えるんじゃあるまいか。

「出国禁止措置も抑制する」

お願いだから、日本に密入国で来るのはやめてください。確かに取り調べとか、呼び出しをその人の仕事をしている時間に配慮してあげるというのはとてもいいこと(正業で稼いでるんだからそれを邪魔しちゃいけないということらしいが)もまぁいいと思いますが、そういう人が外国に出国するのを見逃さないでください。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です