予告.inは限界きてるのか?

広告

「犯行予告を共有するサイト「予告.in」はもう限界に達している」

わけわからない若い人たちの通り魔殺人事件が頻発しています。無力感にも近い思いでそのような事件の発生を見守るしかなかった身としては、ネット上の犯罪予告を収集、共有するシステムをたった1日で作り上げ、公開してしまった矢野さんには一種、畏敬というか憧憬のようなものを感じていたのですが、面白がるように過熱する犯罪予告とその通報合戦は、一人の人間の身に余るものではあるのだと思います。

ある意味、ネットでいつ予告され、それを見逃すかもしれないという緊急事態は回避できたのではないでしょうか。ここら辺で、通報のあり方や基準のようなものを一人の力に任せるのではなく、ネットの力に頼る体制を構築してもいいのではないかと思いますが。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です