演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。

劇評

[劇評]プリエール「愛しのドラム 〜ザ・フルーツ2〜」@赤坂レッドシアター(赤坂見附)

投稿日:2017/09/14 更新日:

この舞台の前作にあたる「ザ・フルーツ」にてドラマー役で出演していた井之上隆志さん。3月に急逝されてしまった後の、新作舞台。出演していない井之上さんを一番感じる物語で、「ゴドーを待ちながら」さながらに、出演者たちの思いが伝わってくるジーンとくる舞台でした。

スポンサーリンク

広告

劇団 プリエール
題名 愛しのドラム〜ザ・フルーツ2〜
公演期間 2017/09/082017/09/18

中島淳彦

演出 中島淳彦  
出演 春風亭昇太:青井リンゴ(たもつ)
六角精児:大木バナナ(浩一郎)
中嶋淳彦:桜井チェリー(正男)
津村知与支:パール・ライデン(島津)
照屋実:今野ただし(13号)
清水ゆり:中泉花子(事務員)
池田愛:伊藤ペペ子
矢野陽子:青井繁子(青井りんごの母)
劇場
赤坂レッドシアター(赤坂見附)
観劇日 2017年09月10日(マチネ)  

ゴドーを待ちながら

というかぺぺイトーを待ちながらといった感じの物語。

最後まで現れないが、そして誰よりも、観客はそれを分かっているのだが、それでも、奇蹟を信じてドラムを見つめてしまう。

ザ・フルーツというバンドが主役の演劇

一見昇太さんが主役の物語だが、六角さんや中島さんを含めバンドが崩壊し再生していく物語という枠組みを考えると、バンド全体が主役の物語だった。前回の作品に較べて、物語色が強くなり、バンドの演奏が中心の舞台という印象はなくなった

フルーツというバンドをささえつづる人々に周りで支えられ、すべてがこのバンドを中心に話が続く

なぜ、こんなバンドのためにみんなが一生懸命になるんだろうという問いに応える照屋さん演じる唯一のファン13号の台詞は印象的だった。ダメなバンドでも、ダメだからこそ、救われる者がいる心理は、。

色々な形で、バラバラになりかけたバンド

バラバラになっていくさまは、見事なまでにバラバラでおかしい。大木という役名の六角さんが、選挙ポスターになると大木凡人にしかみえない。

そんな、六角さんは、金権政治そのままの選挙演説であえなく落選

演歌歌手に転身した中島さんの歌も、静岡を日本三大バカの産地としてうたったおかげで将来性はなくなった。

ちなみに三大バカ産地というのはどうやら中島さんの創作みたいですね。ネットで検索しても出てこなかった。

昇太が母を思う涙は

最初はギャグで、観客を惹きつける為に、嘘で殺した母へ捧げる歌「煙突」がとてもよかった。

火葬場の煙突から上がっていく煙に身内を思う様にグッときたりした。こんな歌をギャグの中で使う辺り、脚本の巧さを感じました。

でも、そのギャグはやがて真実になってしまう。

静岡の茶畑を売り、バンドをささえつづけてくれた母の危篤、そして死を前にして歌うラストのバンドシーンも同じくジーンとくる

潤んで見えた昇太の瞳(気のせいかもしれないが)は、演技もあるだろうが、設定上バンドを支えてきたそして本当に他界してしまったぺぺ伊藤こと井ノ上隆志さんへの涙だった。というのは、僕の勘ぐりすぎたろうか。

存在感のある13号

目を引くそして印象に残る役者さんでした…と書こうとしたら、前回観たときにも同じ事を書いてました。なんだろう、この存在感。照屋さん、不思議な役者さんです。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

津村知与支さんは

ライデンという名前のドラマーって聖飢魔Ⅱのドラマーををイメージしてたのですが劇中の格好はちょっと違いましたね。僕のイメージは、こんな感じだったのですが。↓

ライデン湯澤殿下のドラムを忘れられない僕としては、単なる金髪ではなくこんな感じのヘアで出てきてほしかったです(あくまで、妄想です)。 悪魔的な衣装?の黒ずくめの全身タイツ姿で心を悪魔にうってしまうあたりはおなじかな?

身内から湧き出る悪魔のささやきにあらがいなから負けてしまう記憶喪失の男という、めちゃくちゃな設定を過剰すぎる演技でのりきったのはさすがです。

もともとドラム叩けるひとだったのでしょうか?ぺぺ伊藤に代わって、最後のドラマーとしての演奏もなかなかのものでした。

本当の主役は…

なんかしんみりとした終わりかたでした。前作は、楽しい!終わり方だったのとちょっと対照的だったかもしれません。

結局、本当の主役は、井之上隆志さんが演じるはずのぺぺ伊藤だったからかなぁ。と思いました。

広告

広告

-劇評
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[劇評]パラノイアエイジ「幽月想夜~かすかなつきよにおもう~」@「劇」小劇場

脚本、演出、役者、装置、音効のほぼ全てが非常に高いレベルにあり、安心して見ることが出来る舞台であった。民俗学とか東北の山中に暮らす山の民と里の民の対立といったテーマが元々好きということもあるかもしれな …

[劇評]ク・ナウカ「王女メディア」@Asahiスクエア

久しぶりにダブルヘッダーをしたので、疲れてしまうかと思いましたが、素晴らしさで、舞台から目を離すことができませんでした。 劇団 ク・ナウカ 題名 王女メディア 公演期間 1999/10/25〜1999 …

[劇評]オフィスコットーネ「屋上のペーパームーン」@ザ・スズナリ

大竹田さんの舞台を集中的に上演する企画の一つ。最年長三田村さんの熱演だけでなく、非関西人によるオール関西弁の舞台に、出演者、演出者の方の努力に脱帽。全てのキャストが役に溶け込んでおり、充実した舞台だった。

no image

双数姉妹「SHOCKER」@本多劇場(下北沢)

劇団 双数姉妹 題名 SHOCKER 公演期間 1997/05/07~1997/05/11 作 小池竹見 演出 小池竹見 出演 明星真由美、小野啓明、苅部園子、柏原直人、今林久弥、大倉マヤ、田中桂子、 …

[劇評]道学先生「デンキ島 白い家編」@THEATER/TOPS

結構骨太の作品。主役の山本さんの印象が強いかも。ちょっと後半の強引な展開が気になりました。 劇団 道学先生 題名 デンキ島 白い家編 公演期間 2007/11/14~2007/11/25 作/演出 蓬 …

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031