[劇評]ニュースペーパー「明日があるさ!!明日がないさ!!」@東京芸術劇場中ホール

広告

時事ネタを扱う劇団。今の時事問題はかなり面白いし、内容的にはかなり楽しめた。舞台というよりはコントライブといった趣きであり、他の舞台とは異なるものを見た印象。好きな部類ではある。

劇団 ニュースペーパー
題名 明日があるさ!!明日がないさ!!
公演期間 2001/06/22~2001/06/24
演出 杉浦正士/寺田純子/ザ・ニュースペーパー
出演 渡部又兵衛、諏訪園親治、蘭丸陽一、濱田マ助、松下アキラ、福本ヒデ、黒江圭太、竹内康明
劇場 東京芸術劇場中ホール(池袋)
観劇日 2001年6月24日(マチネ)

初見の劇団。(テレビとかでは見た事はあったはずだが….そのころとは団員もかなり入れ替わっているらしい)

最近は、時事ネタを扱う劇団が少なくなった気がする。

単に同時代の演劇を見ていないだけかもしれないが、かつてテント劇団(風の旅団等)が、天皇制をネタにかなり危ない芝居をしていたのを見たり、実在の事件を元に芝居作りをする転位21を見ていたりした僕にとってみれば、笑いのネタとしてとはいえ、これほど時事ネタを扱う劇団の存在は貴重な存在だなと感じた。

最近の小泉人気を茶化した冒頭の国会演説から笑いつづけた。危ないネタが次々に展開されハラハラする場面が多かった。
基本的なギャグの方向性は、反権力、反保守といった趣に貫かれているし、何か思想的には一貫したものがあるような気がする。考えすぎかな

ただ、個人的には冒頭の小泉さんのパロディが一番面白く、後半にいくにつれて少しダレた感がある。コントライブという形式上やむをえないかもしれないが、もう少しテンポがあれば楽しめたのになぁ

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です