[劇評]桃唄309「ユカラ アイヌ英雄伝」@ザ・ポケット

広告

劇団 桃唄309
題名 ユカラ アイヌ英雄伝
公演期間 2000/09/22〜2000/09/24
橋本健 演出 橋本健
出演 内田義也、森宮捺芽、羽田勝博、直塚和紀、石井なつき、にうさとみ、貞岡秀司、西原れん、バビィ、山本浩司、保谷果菜子、東俊樹、針谷理檜子
劇場 ザ・ポケット(中野)
観劇日 2000年9月23日(ソワレ)

久しぶりに見に行った劇団。

アイヌの滅亡の時期のストーリー。内容は重いが、いつもどおりの押さえた演出と役者の上手さで見ていてつらい部分は少ない。

ただ、作・演出者が従来の長谷基弘さんから橋本健さんに変わったことから従来に比べるとつめが甘いと感じる部分もあった。特に、カムイの描き方はもう少し工夫があってもいいような気がした。役者(石井なつき、にうさとみ)に演じさせるとなんだか空々しいイメージが残る。

また、2時間の長さも少し長く感じた。最後の30分は、或る意味で予定調和的で見えていた結末でありもっと簡略にできた気がするし、その方が印象に残ったのではあるまいか

内田義也さんの演技はいつもどおり。非常に好感のもてる演技で、安心して見ていられる。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です