【旅行記】犬吠埼を超短時間で見て回る。徒歩と電車でいく、オープンエアで清々しい気分になれる観光地

広告

犬吠埼灯台と地球の丸さを感じに犬吠埼にノープランででかけました。都心から電車で日帰り旅。手違いで現地滞在時間が短くなってしまいましたが、それでも海の匂い、海の幸、絶景、かわいい電車に癒やされる旅ができました

都心からの旅行プランと注意点

今回の旅行はほぼノープランだったのですが、一応グーグル経路検索を利用して出発時間と到着時間を調べて以下のような乗り換えで行く予定でした

区間 出発時刻 到着時刻
錦糸町から千葉 7:47 8:31
千葉から銚子 8:39 10:15
銚子から犬吠 10:20 10:40

後から知りましたが、東京駅八重洲口から京成バスが就航しています

また、JRの特急列車もあります。房総特急列車「しおさい」

が、 プランがいい加減すぎて上記のようなことを何もしらず普通に乗り換えていってしましました
なお、普通に乗り換えで行く場合、 千葉から銚子ルートが肝です
私は、千葉駅でホームを間違うという痛恨のミスで、数分ホームにたどり着くのが遅れた為に犬吠埼到着が1時間以上遅れました

短時間滞在で絶対に外せない犬吠崎観光スポット2選

いや、本当はもう少しゆっくりしたかったのですが、上記プランより遅れること1時間17分の11:57に結局到着しました
戻るには、14時半の電車に乗らないとちょっと遅くなってしまいます。2時間半で観光名所を見て回り、海の幸が食べたいということで、以下の2つの観光スポットにしぼりました

  • 犬吠崎灯台
  • 地球が丸く見える丘展望台

駅につくと正面に上記のような看板が出ており、とりあえずどちらに行くかの選択をしなければなりません。
私は、まずは海が見たかったので、犬吠埼灯台に先に向かいました

しかし、もし両方行くつもりならば、 先に「地球が丸くみえる丘展望台」に行くことをおすすめします

犬吠埼灯台とINUBOU TERASU TERACE

犬吠の駅を降りて10分ほど海に向かって歩くと、犬吠埼に到着します
海は、島影なども見えずまさに水平線が見えてきます。少し丸みを帯びた水平線は、地球がまるいと感じさせてくれる絶景です

波打ち際は、岩に当たる波の白さも際立ち海に来たなぁという感じを味わえます

勿論、灯台も間近で見れます

結構、気分あがります。
当初は、こっちには灯台しかないと思っていたのですが、すぐ隣にテラスと言う名前の商業施設があります

割と新しい設備なのか、全体におしゃれな感じです
一階には、銚子ビールの醸造所とブルワリーがあります(勿論飲めます)

地元の食材の販売などもあります

二階には、カフェやお土産物屋、そしてゆったり海がみえるハンモックもあります

正直、ここではもっとゆっくりしたかったですしお土産によさそうなものもたくさんありました

美味しそうな料理店もありました


が、この後にある展望台での時間を考えて、ちょっと急ぎ目で見て回って展望台に向かいました
お土産等も荷物になるし、展望台にも似たようなものはあるだろう…と考えていました

展望台への長い道

灯台は、割と途中で不安になるようなこともなくたどり着けたのですが、実は展望台まで歩いていく時は、何度も途中で不安になりスマホの地図に頼ってしまいました
とりあえず、駅を出たら、展望台方向と書いてある矢印にそって歩きます、ガソリンスタンドがあるのでそちらに向かって歩きます。

しばらく行くと、「満願寺」があります
異様にキンキラしている気がしますが、時間がなくて立ち寄れず

さらに歩きます
結構高いところに登ったのか、振り返ると灯台が見えます

更に歩きます。展望台についてのなんの説明もないため、そろそろ歩いている道が正しいのか不安になってきました
左手に薪が積まれた、ログハウスのような家がたっています

何?これ…

全体にアップダウンが多く、道なりに進んでいても心配になります

と二手に分かれ道が

ようやく展望台への道が示されました(こっからまた長いのですが)
アップダウンを経てようやく距離表示付きで矢印発見。ようやく、たどり着きました

ちょっと古めの建物で、土産物屋はちょっと…

とまぁ、温かい春の日だったこともあり、少し汗ばみつつだどりついた展望台でしたが、 少々古めの建物で期待を少し裏切られました(さっき行った、灯台近くのテラスがかなりおしゃれスポットだったこともあり…)

ちなみに、入場料は大人420円也
中で土産物屋を覗いたのですが、あまり目新しいものがなく正直しまったぁというのが実感でした

が、それも屋上の展望台に登るまでのことでした

展望台からの景色はめちゃくちゃすごかったです!!

ぐるっと見渡すと、まさに地球の丸さを実感できる光景。思わず本当にぐるっと見渡す動画をとりました( カクカクしててすみません

天気に恵まれたこともありますが、気分の晴れるとても良い展望台でした(入るときとまるで逆の感想を持ちました)
ちなみに同様にワイドカメラで撮った写真は以下です(拡大してみてください)

**tenbodai-gururi-wide

海の幸満載の昼ごはんにも満足

お昼は、上記の犬吠埼灯台付近のお店にまで戻れればよかったのですが、時間が迫っていたこともあり駅前の「島武」さんにお邪魔しました

回転寿司と魚料理となっていますが、入り口をはいると店内が、回転寿司エリアと魚料理エリアに分かれています
まよわず魚料理エリアに座りました。

どんぶり、定食ともにかなり魅力的なラインナップがありましたが、結局お好み定食という主菜がえらべる定食で、煮魚とお刺身を選んで食べました。

大満足!
 

【結論】犬吠埼に来たら先に展望台に行きましょう!

私は、上記のように「灯台」→「地球が丸く見える丘展望台」→ご飯という順番ですが、このルートのデメリットは以下のようになります

  • 食事場所が限られる(灯台周辺に複数の選択肢あり)
  • お土産の選択肢が少ない(展望台よりINUBOU TERACEの方が多い。灯台で買って、展望台に行くのは辛い)

の2点があります
展望台の絶景も捨てがたいですし、是非とも行くべきスポットです。だからこそ、先にそちらに行って堪能した上で、灯台周辺でゆっくり過ごすことをおすすめします!

以上 東京から日帰りでいけるオススメスポット 犬吠埼の超短時間観光案内でした

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です