[開発環境]EasyBotterの設定@エックスサーバー

広告

毎週、演劇感想文リンクを更新した時につぶやいているつぶやきをある程度まで自動化することを目的にphaさん謹製のEastBotterをつかうことにした。

(最新版は2.1.3 こちら→「EasyBotter – プログラミングができなくても作れるTwitter botの作り方」)

■設定は本当に楽。phaさんに感謝。

あと、「ツイッターの稼ぎ方」にも、大感謝。

詳しく書いてあるので「わりと」順調に設定進んでいるのですが、それでも戸惑ったところがいくつかあったので、それだけ特記しておく。

中でも、参考にしたページは以下(すっごく詳しい上に、環境が僕と同じXサーバーだったので、すごい楽だった)

1)ツイッターの稼ぎ方 EasyBotterを手に入れよう

2)ツイッターの稼ぎ方  OAuth認証キーの取得方法

3)ツイッターの稼ぎ方 EasyBotterをサーバーに上げる

■EasyBotterは、最新版を手に入れよう

1)については、ほとんどそのまま読んで使えた。twitterのhttps化にあわせてバージョンは2.1.3になっていましたが、それをダウンロードすれば何も変更はありませんでした。

■Twitterのアプリケーションの設定画面の構成が変わっている。

2)については、ちょっと戸惑う程度ですが、twitterのアプリケーションの画面の仕様が少し変わってしまっています。

 ○アクセスレベルの変更は「Setting」タブではなく、リンクで行います。
twitter-api-screen1

セッティングタブ探してしまいましたが、アクセスレベルの横のリンクから設定画面に行きました。

○「Token」は、createしなくても、Testで出来る。

「create my access token」ボタンが見当たらず、tokenを探しまわったのですが、なんと画面右上にある「Test AOuth」ボタンを押せば出来ていました。create と testの違いがわかりませんでした。

 

■Parser Errorがいきなり出たら、PHPのバージョンを疑う。

3)に沿って、手動で実行しようとしたら、いきなり以下のエラーがでて結構萎えました。

PHPって昔少し勉強したんだけど、今更見たくないなぁと感じてネットを検索するとPHPのバージョンが5からじゃないと動かないとのこと。

サーバーパネルで確認するとPHP4.3.9のままでした。

XServerPHPVersion推奨バージョン(5.3.3)に変えたら、さくっと動きました。

 

後は上記の記事の続きを見てCRON設定するだけです。

Cronの設定で、定期的につぶやく設定にするつもりです。おもったより、定期的につぶやく設定の細かさが違う為、当面は、今まで週1回しかつぶやいていなかった個々の更新情報、ランキング情報を前週分も含め、2回程度つぶやく設定にします。(今は、アクセスの多い12時から22時くらいでつぶやいていたのですが、24時間つぶやきます。)

 

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です